マンションを売るのと貸すのではどっちが利得か

マンションを売るのと貸すのとではどっちが得なのかといえば、これはもう需要しだい、としか言いようがないでしょう。

無論、この場合にはそのマンションがどのくらいのボリュームで、どういう階級のものであるのか、またその立地規定はどうなのか、といったような諸条件のときの講話なのですが、その上で、賃貸した場合の需要が長期的にできる売り物なのか、それとも早めに売却して仕舞うほうが需要が見込めると考えるのか、についてになるわけです。

もし、アパートの内容その他の条件から考えて、長期間的賃貸需要が見込めるようなマンションであれば、長期にわたって安定した貸し賃収入が得られますし、こういう長期間需要は耐え難い売り物と思えるならば、さくっと売却してしまって、まとまった転売益を確保してしまった方がいい、についてになるでしょう。

つまりは、長期的に需要があると思われる場合には、貸すについてになって、それが難しいと見える場合には売る、という決断になるのではないでしょうか。