マンションを売るときのタイミングと注意点

マンション売却 タイミング

マンションで生活をしている人の中には、ずっと同じ物件で生活していく人もいれば、途中で売却をして買い替えをする人もいるでしょう。

なお、マンション買い替えのタイミングと言うのは人それぞれです。

  • 子供が生まれて、もっと大きな物件に住み替えを行う人もいるでしょう
  • 仕事の都合で転勤しなくてはならなくなり、引っ越しをすると言うパターンもあるものです
  • 騒音トラブルに悩み、解決策の一つとして買い替えると言う深刻なケースもあるでしょう

なお、売却をして引っ越すとなった場合に困るのは、マンションがいつまで経っても売れないことです。

資産価値の高い物件であれば、人気があり、買い手がつきやすいものですが、そうでない物件はなかなか買い手が現れず困ってしまうものです。

ですから、人生設計をした際に、マンションを買い替える可能性がある人の場合には、資産価値の高い物件を選んで購入をした方が後々スムーズに売却することができて助かると言えます。

また、売りに出すタイミングとして、ライバル物件が少ないとスムーズに売りやすい場合もあります。

自分が住んでいる物件のすぐ近くに、魅力的な新築マンションが建てられることになった場合には、中古の物件よりも、そちらに目がいく人もいるでしょう。

マンション査定で後悔しないために

マンション査定をする場合には、
何度か査定をしたことがある人であれば査定自体に慣れているため査定の時に後悔する場合は少ないかもしれませんが、初めてマンション査定をする場合には右も左もわからない状態ですので、後悔することもあるかもしれません。

マンションは安いものではありませんので知識がないことで何十万円あるいは何百万円も損することがあります。

ではどうしたらマンション査定で後悔しないでしょうか。

まずは、専門家や経験者に話を聞くことから始めるべきです。

専門家に話を聞くことで基本的にはお金がかかるかもしれませんが、話を聞くことによってそれ以上に高く売れる可能性があることを考えると悪くはありません。

また、自分でマンション査定の基本的な知識を頭に入れておくことが大事になります。

ある程度マンション価格を予想することができれば、損する売買を避けることができるだけでなく、売却前にどのくらいのお金が入ってくるか予想することができますので、次に住宅を買うことを考えている場合には具体的な案を出すことができます。

マンションの価格は路線価を見ることである程度予想できます。また、自分の所有するマンションが売りに出されていれば、そこから予想することもできます。

不動産査定を依頼する業者の選び方

マンションや一戸建て住宅、土地などの不動産の売却を検討するときには、まず不動産査定を業者に依頼するのが一般的ですが、依頼する業者は慎重に選ばないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

たとえば、不公正な不動産会社に不動産査定を依頼してしまうと、依頼人に高めの査定額を提示してとりあえず専任媒介契約を結ばせ、営業活動を行わずに一定時間を過ぎた後、売れないからと相場よりも安い価格で売却をもちかけられるケースもあるので、場合によっては大きな損失を被ることもあり得ます。

こうしたトラブルを避けるためには、まず不動産売買の実績豊富な不動産会社を選ぶのが正しい選び方といえます。

小規模でも良心的な不動産会社もありますが、不動産売買の実績が豊富で名の知られた不動産会社ならば、強引な買取などの不正行為をすればインターネットなどで悪評が広がっていきます。

このため、口コミ情報などを確認すれば信頼できるかをチェックできるので、信頼のおける業者に不動産査定を依頼しやすいのです。

また、不動産査定の結果が良ければそのまま媒介契約を結んで売却を依頼することも可能なので、スムーズな不動産売却が可能なのも魅力です。

なお、最近はインターネットを通じて複数の不動産業者に不動産査定を依頼できる一括査定サイトも登場しているので、忙しくて業者探しに便利です。

マンションを査定するときの注意点

マンションを査定するときの注意点

マンションを売却する際、業者へ価格査定をしてもらいます。

複数の業者へ査定依頼することをおすすめします。
一番高く査定してもらった業者へお願いしたいと思う方も多いと思います。
しかし、ここが注意点です。

マンションの価値とかけ離れた高値の金額では売れないのです。
売る側は少しでも高く、買う側は少しでも安く買いたいものです。
その折り合いがついた価格が相場になります。

一番高く査定した業者は、媒介契約をしたあと、相場価格まで金額を下げるように提案する場合もあります。
そのため、マンションの相場がどれくらいなのか、自分でも確認しておく必要があります。
査定金額が出たときに、業者に積極的に質問して納得のいく価格で売却しなければなりません。
その打ち合わせの中で、担当者やその業者の態度などもしっかり見ておきましょう。

媒介契約には3種類ありますが、専任専属媒介契約をすすめられることが多いです。
その1社の業者を通してしか売買ができないという契約です。
売買につながる宣伝広告などに力を入れてくれるので売却成功率が高いです。
注意点としては、売買の成功はその業者の力量にかかってくるため、販売方法やホームページの見やすさなども事前に確認しておくとよいでしょう。

媒介手数料は、規定で上限額が決められているので業者の比較をする必要はありません。

マンション売るならどこ?@マンションを高く売る方法・売却時の注意点
出典;https://www.oxfamrmx.org/
マンション 売る